低用量ピル通販を選ぶ理由

日本では、低用量ピルの購入は病院からの処方しか認められていません。

しかし、日本人女性でも海外通販サイトを利用している人が増えてきています。それは一体何故なのでしょうか。女性が、低用量ピル通販を選ぶ理由を探ってみましょう。

低用量ピルは、病院処方で保険適応外といっても2千円前後の価格で購入できます。その為、アフターピルのように大きく通販と病院処方で価格の差がある訳ではありません。

それでは、購入してから使用出来るまでの早さでしょうか。通販サイトは、当日発送だとしてもその日中に到着することもないのです。

その点、病院なら診察を受けたその日の帰りに処方してもらうことができます。つまり、通販を選ぶ女性は、早さを選んでいるわけでは無いということになります。

女性が低用量ピル通販を利用する理由を考える女性

低用量ピルを利用したい、と考える女性の立場で考えてみましょう。

低用量ピルが必要だと感じるのは、月経不順になってしまった時や月経痛が酷い時、避妊したい時などさまざまです。

このことから考えると、あまり周囲には知られたくない事ですね。できれば言いたくは無いことなので、医師との診察が必要になる病院で処方してもらうのを避ける女性が多い可能性があります。

また、病院の処方に関しては一度の診察でも継続を見越しているので数ヵ月分を処方されます。しかし、それは医師によって決められて、相談はできても自身で決定することはできません。

つまり、処方された以上の期間を望んでいても、その時期が近くなってから再度診察を受けた上でしか処方されないのです。

2回目以降は、診察が無くとも病院へ行く手間は発生してしまいます。

このことから、女性の社会進出が少しずつでも進んでいる今、時間に追われている女性も多いので病院に行く時間がもったいない、作れないと言う人も少なくありません。

こうした手間や病院へ行く手間、そして交通費などを考えると忙しい女性が多い今、低用量ピル通販を選ぶ人が増えてきているのです。