低用量ピル通販で買える種類

病院では無く、低用量ピルを通販で購入したい場合、種類は一体どんなものがあるのでしょうか。低用量ピルで代表的な種類の特等をみていきましょう。

【トリキュラー】
日本の医療機関でも最も多く処方されている、低用量ピルで人気の種類です。

自然なホルモン分泌パターンになるようにホルモン量が3種類に分けられている三相性タイプで、副作用が少ないもので、安全性と信頼性を兼ね備えた低用量ピルです。

【ジネット35】
海外のお薬なので、身体が大きい外国人女性にも合うように作られていることが多いのですが比較的体が小さいアジア人女性の為に作られた低用量ピルです。

これまでのピルよりも副作用が小さいので、日本人女性が服用しても身体への負担が少ない安全性の高いものです。

【オブラル-L】
副作用が少ない低用量ピルで、生理不順の改善や避妊以外にも生理痛の軽減、生理前症候群の緩和、肌ツヤ感アップなどの効果に期待が持てます。

エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルという2つの成分によって、排卵を抑制する働きがあるので卵巣の負担を減らすことで、卵巣がんの予防にもつながります。

【セラゼッタ】
通常の低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが含まれていますが、この低用量ピルにはプロゲステロン(プロジェスティン)だけが含まれています。

通商「ミニピル」と言われていて、従来のエストロゲンが含まれている低用量ピルだと喫煙者や高血圧、片頭痛持ち、授乳中など血栓症を引き起こす危険性が高まってしまう人に対して、処方されることがあるさまざまな女性が使える低用量ピルです。

【ヤーズ】
日本で2010年に製造・販売が認められている超低用量ピルです。これまでの低用量ピルよりも副作用を引き起こしやすい卵胞ホルモンの含有量を減らしたものなので、副作用を起こしにくいのです。

効果としては、PMS(月経前症候群)の症状の中でも特に精神的な症状を緩和させてくれることが認められている超低用量ピルです。