病院と通販のメリットとは

低用量ピルの購入が日本で認可されている、病院処方は通販と比較するとどっちがいいのでしょうか。

それぞれのメリットから、どちらが利用しやすくて安全なのでしょうか。

本来、日本で病院処方からの低用量ピルの購入しか認められていない背景には、ホルモン剤で体調に変化が起こりやすいので、医師の許可が必要であることが関係しています。

そして、初めて低用量ピルを処方する場合などは、医師の診察を終えて問題が無いことが分かってから処方されます。

また低用量ピルも薬であり、副作用で血栓を作りやすくする可能性もあることから、関連する薬を飲んでいたり喫煙者で血栓症が発症しやすいと判断された場合は処方されない人もいるでしょう。

このように、病院からの処方では気になる症状や持病がある人は検査や診察を受けたうえで、医師に相談することができます。

通販の場合は、医師に相談したいことが無かったり、前に医師から低用量ピルの使用は問題無いと言われている人にはオススメの低用量ピル購入方法です。

病院だと診察代・薬代等のほかに交通費などもかかってしまいますが、通販なら薬代と送料だけで済みます。

また、処方の時には病院の予約をとった上で当日は病院へ向かう時間・診察に要する時間は拘束されてしまいます。
病院だと低用量ピルを処方してもらうまで時間がかかる
個数に関しても、ある程度の相談は病院処方の時にすることが出来ても、自分が希望していた個数とは違う場合もあります。そんな心配は、低用量ピル通販には必要ありません。

通販サイトを利用して注文するだけで良いので、時間を気にすることなく気付いたタイミングでネットから注文して、その時に欲しいだけの個数を買うことができるのです。

初めて低用量ピルを購入する人や体調などで気になることがある人は病院処方、低用量ピルを購入する上で何も心配は無い人やリピーターの人は通販を利用するなどの使い分けもいいでしょう。

ただし病院処方では、もちろん全て本物が取り扱われていますが、通販は偽物が取り扱われているサイトが横行している事実もあります。

その為、通販の場合は本物が買える通販サイトを選んで利用する必要があります。

病院処方にも通販にもメリットはあるので自分自身に合う購入方法を選ぶことも大切です。