低用量ピルで生理が楽になる

初潮を迎えた女性なら、ほとんどの人が生理痛や生理不順などで悩んだことがあるのではないでしょうか。

生理痛が酷くて仕事に集中できない、動くのも辛い、生理不順でいつ生理になってしまうか不安に過ごしている、妊娠したのではないかと焦ることがあるなどさまざまな悩みを抱えてしまいます。

そんな時に役立ってくれるのが、低用量ピルなのです。

睡眠時間に気をつけたり、大豆製品を多く摂るようにしたり、鎮痛剤を常に持ち歩いていたりと工夫をいろいろとしている人も多いでしょう。

でも、どれもがその時だけの痛みを抑えたり、逆にすぐの効果がなくて継続することで良くなるかも、という期待を持つ程度でしかありません。

しかし、低用量ピルなら正しい飲み方をおこなえば体内の女性ホルモンのバランスを整えることが出来ます。

女性ホルモンのバランスを整える低用量ピルの働き

毎日の服用で、低用量ピルに含まれるエストロゲンとプロゲステロンが常に体内で保たれる状態になります。

そして低用量ピルの服用をやめたタイミングで、ホルモン分泌停止と同じ状態になるので生理が引き起こされるという仕組みです。

21日間の服用と、7日間の休薬を繰り返すことで生理周期が整います。

また生理痛が酷くなるのは、ホルモンの過剰分泌によって子宮内膜が増えすぎてしまうことが関係しています。

子宮内膜が剥がれ落ちる時に、プロスタグランジンというホルモンが分泌されます。このホルモンには子宮の収縮させる働きがあるのですが、子宮内膜が増えすぎていると、プロスタグランジンも過剰に分泌されるので、生理痛が増してしまうのです。

低用量ピルを飲むことでホルモン量が調整出来ていれば、子宮内膜が増えすぎることも無いので、生理痛の軽減につながります。

生理不順も改善され、生理痛の軽減にもなる低用量ピル。これを服用することで、嫌に感じやすい生理を楽にしてくれます。